坪単価の違いが出る理由

注文住宅の新築一戸建てで得する方法

あなたは、注文住宅の新築一戸建ての家づくりで、
500万円の損をしたくはありませんよね?

私はこの方法を使って520万円得しました!

注文住宅の新築一戸建てで得する方法はこちら >

家を建てるときに気になる坪単価の違い

家を建てるときに気になるのが、家の坪単価の違いです。

 

坪単価については、当サイトのこちらの記事をご覧ください。

家を建てるときの坪単価を知ろう

 

また、主な注文住宅建築会社(ハウスメーカー、工務店)の家の価格を比較したページ内で、各会社の坪単価も比較表示していますので、こちらも参考にしてみてください。

注文住宅の価格を比較

 

さて、坪単価を比べてみると30万円前後から90万円前後まで様々な坪単価があることがわかります。

 

同じくらいの大きさの家であってもこのような坪単価の差額が生じるのはなぜでしょうか?

 

ここでは、そんな坪単価の違いが生じる理由について考えます。

坪単価の違いが出る理由

坪単価とは、その家が一坪あたり(一坪はだいたい畳2畳分)の価格がいくらくらいかを知るための目安となる価格です。

 

例えば、延床面積が40坪の家で、価格が2000万円ならば、坪単価は50万円ですし、同じ延床面積で、価格が3200万円ならば、坪単価は80万円となります。

 

この場合は、同じ大きさの家であるにも関わらず、坪単価に30万円の差が生じていることになります。

 

ここでは、坪単価の違いが出る主な理由について説明します。

 

建築工法の違いによるもの

 

住宅の建築工法には以下のような種類があります。

 

  1. 在来工法 (木造軸組工法) 
  2. ツーバイフォー工法 (木造枠組壁工法)
  3. プレハブ工法(軽量鉄骨造)
  4. 鉄筋コンクリート造(RC 造) 
  5. 重量鉄骨造

 

それぞれの建築工法に、長所や短所はありますが、この建築工法によって建築費用(コスト)は変わってきます。

 

おおよその目安として、番号順に建築費用は高くなると考えていいでしょう。

 

使用される材料や部材(内装材や外壁)の違いによるもの

 

住宅建築に使用する材料や部材に高価格なものを使用すれば、当然コストアップになり坪単価も高くなります。

 

例えば、木造建築の場合でも、高価な木材を利用すれば建築費用は高くなります。

 

導入する設備のグレードによるもの

 

キッチンや、バス、トイレなどのグレードをハイグレードにするほどコストアップになります。

 

その価格差は、ピンキリといってもいいほど、低価格なものから高価格なものまで幅広くあります。

 

導入する設備の、あれもこれもを高いものにすると、当然、坪単価は高くなります。

 

さらに、設備については、オプションも多く、オプション設備を導入すればコストアップになっていきます。

 

照明器具やカーテンは家の価格に含まれていない?

 

大手ハウスメーカーによくあることですが、家の本体価格に照明器具やカーテンの費用が含まれていない場合があります。

 

「照明器具やカーテンなんて、絶対になくては困るでしょ」

 

と思われるかもしれませんが、これは事実です。

 

照明器具やカーテンは、すべての部屋に必要になりますから、その費用は決して安くありません。

 

もちろん、コストを下げようと思えば、低価格の照明器具やカーテンを選択すればいいのですが、多くの方は、せっかくの新築だからという思いで、意外と高価なものを備え付ける傾向にあります。

そもそも坪単価の計算に決まりはない?

ここまで、同じくらいの大きさの家であっても、坪単価に差が出る理由について説明しました。

 

ただ、坪単価について知っておいていただきたい注意事項があります。

 

実は、坪単価の計算方法には、その基準や決まりというものは特にないということです。

 

そのため、住宅建築会社によって、計算方法は様々となっています。

 

例えば、1階と2階に吹き抜けがある場合、ある会社は2階の部分の吹き抜けを床面積に含んで計算し、ある会社は床面積に含まないで計算しています。

 

計算上ですが、空間部分を床面積に含めば、坪単価は安くなることになりますし、床面積に含まなければ、坪単価は高くなることになってしまいます。

 

このようなことは、他にもあって、例えばバルコニーなどについても床面積に含む会社と含まない会社があります。

 

この他にも、坪単価の計算方法については、住宅建築会社によって独自の方法で行っている場合があることを理解して、自分の家の坪単価が気になる方は、その計算方法について知りましょう。

 

坪単価が高いから良い家、坪単価が安いから悪い家というように、「高かろう良かろう、安かろう悪かろう」ということは成り立ちません。

 

大切なことは、その坪単価がどのように計算されているかを理解し、その坪単価の価格に納得できる家かどうかを判断できる知識を持つことです。

 

坪単価だけに注目することなく、自分にとって本当に価値のある良い家づくりをしていきましょう。

注文住宅会社に相見積を依頼すれば500万円以上お得になることも!

坪単価の違いが出る理由|関連ページ

失敗しない家の建て方
失敗しない家の建て方は、あります。多くの方は、その失敗しない家の建て方を知らないまま家づくりをはじめてしまい、家が完成し実際に住んでみると「失敗したなあ」と後悔を感じています。ここでは、失敗しない家の建て方について説明します。
良い家の条件とは?
良い家を建てたいとは誰もが思い願うことです。では、本当に良い家とはどんな家なのでしょうか?ここでは、家づくりにおける良い家の意味と、その条件について説明します。
家を建てるなら今がチャンス?
現在は低金利の時代、そしてローコスト住宅で一戸建て住宅も安く建てることができるようになってきています。では、家を建てたいと考えている人にとって、今は家づくりをはじめるチャンスなのでしょうか?ここでは、家づくりをはじめるタイミングについて考えてみましょう。
家を建てるときの坪単価を知ろう
家を建てるときの坪単価について説明します。そもそも一坪ってどれくらいの大きさなの?家を建てるときの坪単価ってどうやって計算するの?坪単価の比較はできるの?など、坪単価についての疑問を考えてみましょう。
家を建てるなら住宅展示場に行くのは後まわし
家づくりで失敗したくない家を建てるなら、住宅展示場に行くのは後まわしにした方がいいことについて説明します。家づくりのはじめに住宅展示場に行ってしまうと、理想の家を建てることができなくなってしまうかもしれませんよ。
家を建てるときの工法
注文住宅で家を建てるときの主な工法について解説します。それぞれの工法の特徴や建築の流れ、メリットやデメリットを分かりやすくお届けします。家を建てるときの工法を知ることは、家づくりの大切な知識ですから、しっかりと理解しましょう。