失敗しない家の建て方

注文住宅の新築一戸建てで得する方法

あなたは、注文住宅の新築一戸建ての家づくりで、
500万円の損をしたくはありませんよね?

私はこの方法を使って520万円得しました!

注文住宅の新築一戸建てで得する方法はこちら >

失敗しない家の建て方

家づくりで失敗したと感じる方(施主)は、少なくありません。

 

金額が安いものなら、買い直せばすむことかもしれませんが、家は何千万円するものですし、さらにほとんどの人は住宅ローンで家を建てているのですから、建て直すことなど非現実的で不可能です。

 

また、失敗したと思う部分が、多少お金をかければ修繕できるのでしたら、まだ何とかなるかもしれませんが、例えば「間取りで失敗した」ような場合は、家全体に関わることですから、簡単に修繕というわけにはいきません。

 

失敗したと後悔しても、その先もずっとその家に住み続けなければならないのですから、もし、これから家を建てようと考えている方は、そんな失敗したと後悔をするような家づくりにならないようにしたいものです。

 

ここでは、失敗しない家の建て方について考えてみたいと思います。

 

では、なぜ少なくない方が家づくりで失敗したと後悔することになってしまうのでしょう?

 

実は、その原因は、家づくりをはじめた施主自身にある場合が多いのです。

家づくりの失敗の原因は施主の基礎知識不足

建売住宅のような既に出来上がった家を購入するのは、その家を見て判断できるので難しいものでないと思われるかもしれません。

 

しかし、建売住宅の家であっても、家づくりの知識を持っているのと、知識を持っていないのとでは、購入後の満足度が大きく違います。

 

もちろん、家づくりの知識がある人の方が、ダンゼン、満足ができる良い家を買うことができます。

 

  • 丈夫で安心、そして長持ちする家の建築工法や建築技術を知っていれば、欠陥住宅に悩まされることはありません。
  • 風通しが良く、住み心地の良い間取りを知っていれば、家族みんなが健康で快適に暮らすことができます。
  • 将来のことを考えた無理のない住宅ローンを組めば、家のローンの返済が重荷になることなく、楽しい生活と不安のない老後を過ごすことができます。

 

これらの知識を持って、出来上がった建売住宅を見れば、購入してもいい家か、購入しない方がいい家かの判断ができます。

 

では、自分で家を建てる場合はどうでしょうか?

 

もし、建築工法や建築技術を知らず、良い間取りの知識も持たず、余裕のある将来を考えた資金計画の方法もわからぬまま、家づくりに取り組んだらどうなると思いますか?

 

それは、料理を作ることに例えると分かりやすいでしょう。

 

  • 料理を作るための、食材や調味料、そして器材はすべて揃っている。
  • でも、一度も料理をしたことがない、調理についてほとんど知識がない人が、それらの材料で美味しい料理を作ることができるでしょうか?
  • もし、レシピがあったとしても、調理の知識がなれば、上手く作れるはずがありません。

家づくりも同じです。

 

家づくりを一度もしたことがない人が、家づくりの知識をほとんど持たないで、良い家を建てることができるはずがないのです。

 

家づくりが料理と違うところは、料理は自分の手で調理していくのですが、家づくりは自分で家自体を作っていくわけではないことくらいですね。

 

ですが、どちらも作るということでは一致しています。

 

しかし、家づくりの失敗は、料理の失敗のように「まずかった」では済まされません。

 

だからこそ、施主の家づくりの基礎知識の習得が「失敗しない家の建て方」のベースとなるのです!

失敗しない家の建て方とは?

失敗しない家の建て方は、施主となるあなたが、家づくりの基礎知識をしっかりと身につけ、理想の家づくりに取り組むことです。

 

「でも、家づくりの基礎知識って難しいんじゃないの?」と思われるかもしれませんね。

 

答えは、「イエス」です。

 

家づくりの基礎知識を身につけることは簡単ではないと思います。

 

しかし、「一生に一度の大きな買い物」と言われる家づくりですから、簡単に考える方が間違っていると思いませんか?

 

それに、難しいことに取り組むからこそ、成功すれば大満足ができ、幸福感を味わえるのです。

 

難しいといっても、学校で勉強するような、難解な数学や物理を覚えようというわけではありません。

 

少し勉強すれば誰でも理解できる程度のことです。

 

そして、家づくりの知識が身についてくると、家づくりがドンドン楽しくなっていきます。

 

例えば、間取りでいえば、自分や家族のライフプランに適した住み心地のよい間取りを考え判断する力を持ちたいものです。

 

建築工法でいえば、自分が望むデザインや間取りを実現できる建築工法を知り、その建築工法のメリットやデメリットも理解できる力を持ちたいものです。

 

そして、住宅ローンのこともしっかりと理解して、将来的にゆとりある生活ができる資金計画を練ることができる力を持ちたいものです。

 

しかし、何もわからない状態から調べたり、作っていくことは大変ですし、効率が悪いです。

 

私がおすすめしているのが、まずは家づくりのプロに「家づくり計画書」を作ってもらうことです。

 

ここからはじめれば、失敗しない家の建て方を効率よく理解しつつ、確実に前に進んでいくことができます。

 

無料で作ってもらえるので、まずはこちらをご覧ください。↓↓↓

 

注文住宅会社に相見積を依頼すれば500万円以上お得になることも!

失敗しない家の建て方|関連ページ

良い家の条件とは?
良い家を建てたいとは誰もが思い願うことです。では、本当に良い家とはどんな家なのでしょうか?ここでは、家づくりにおける良い家の意味と、その条件について説明します。
家を建てるなら今がチャンス?
現在は低金利の時代、そしてローコスト住宅で一戸建て住宅も安く建てることができるようになってきています。では、家を建てたいと考えている人にとって、今は家づくりをはじめるチャンスなのでしょうか?ここでは、家づくりをはじめるタイミングについて考えてみましょう。
家を建てるときの坪単価を知ろう
家を建てるときの坪単価について説明します。そもそも一坪ってどれくらいの大きさなの?家を建てるときの坪単価ってどうやって計算するの?坪単価の比較はできるの?など、坪単価についての疑問を考えてみましょう。
坪単価の違いが出る理由
家を建てるときに気になるのが、家の坪単価です。坪単価を比べてみると40万円前後から80万円前後まで様々な坪単価があることがわかります。同じくらいの大きさの家であってもこのような坪単価の差額が生じるのはなぜでしょうか?ここでは、そんな坪単価の違いが生じる理由について考えます。
家を建てるなら住宅展示場に行くのは後まわし
家づくりで失敗したくない家を建てるなら、住宅展示場に行くのは後まわしにした方がいいことについて説明します。家づくりのはじめに住宅展示場に行ってしまうと、理想の家を建てることができなくなってしまうかもしれませんよ。
家を建てるときの工法
注文住宅で家を建てるときの主な工法について解説します。それぞれの工法の特徴や建築の流れ、メリットやデメリットを分かりやすくお届けします。家を建てるときの工法を知ることは、家づくりの大切な知識ですから、しっかりと理解しましょう。