基礎工事

注文住宅の新築一戸建てで得する方法

あなたは、注文住宅の新築一戸建ての家づくりで、
500万円の損をしたくはありませんよね?

私はこの方法を使って520万円得しました!

注文住宅の新築一戸建てで得する方法はこちら >

基礎工事

地盤調査が行われ、適切な地盤改良工事が済むといよいよ着工となり基礎工事が始まります。

 

基礎工事は、建物の文字通り基礎となる部分の非常に大切な工事です。

 

ここでは、基礎工事について説明します。

基礎工事の種類

ベタ基礎

 

ベタ基礎は、家が建つ場所のほとんどをコンクリートで覆ってしまう基礎工事です。

 

湿気やシロアリに強いとされます。

 

そのため、最近の木造軸組工法(在来工法)や2×4(ツーバイフォー工法)の基礎工事は、このベタ基礎が一般的となっています。

 

また、ベタ基礎は不同沈下(地盤が均等に沈下せず建物が傾く)にも強いとされているので、トラブルを避けるためにも採用する注文住宅会社が多くなっています。

 

ベタ基礎のデメリットとしては、コンクリートの量が多く必要になるため、布基礎(この次に説明します)よりも基礎工事費用のコスト高になるらしいです。

 

「コスト高になるらしい」と書かせていただいた理由は、実は、私の家の場合はこの後で説明する布基礎でした。

 

布基礎は、軽量鉄骨系のプレハブ住宅で採用されることが多い基礎ですが、私の依頼したハウスメーカーの担当者の方の話では、プレハブ住宅の布基礎は、工事に手間と時間がかかりコスト的にはベタ基礎よりも高くなることもあるそうです。

 

布基礎

 

布基礎は、家の外周と、柱や壁(部屋の間仕切り)が入る部分を中心にコンクリートの基礎を作る工法です。

 

基礎となるコンクリートのイメージは、Tの字を逆にした形になります。

 

建物の床下になる部分は、防湿シートや防湿コンクリートで仕上げるため、湿気の心配はほとんどありません。

 

軽量鉄骨系のプレハブ住宅で、多く採用される基礎工事が布基礎です。

 

実は、私の家は軽量鉄骨系のプレハブ住宅で、基礎は布基礎です。

 

床下は、防湿シートで覆われています。

 

基礎工事については、家を建てる前に布基礎であることを知りましたが、イメージとしてベタ基礎の方が強固で湿気に強いと思っていたので、ハウスメーカーの担当者に布基礎の理由を尋ねたことがあります。

 

物理学的な内容もあり、すべてを理解することは難しかったのですが、だいたい次のような説明でした。

 

  • 布基礎は、ベタ基礎に比べて基礎の立ち上がりが高い
  • 基礎の立ち上がりの高さが高い方が、基礎の上に乗る建物を支える力が強くなる
  • 軽量鉄骨プレハブ工法は、構造上、布基礎でしっかりと支えられる
  • 湿気対策も専用防湿シートを敷くので問題ない
  • シロアリについては軽量鉄骨なので大丈夫

 

もうひとつ聞いた話によると、ベタ基礎の説明の中でも書きましたが、実はベタ基礎よりも布基礎の方が工事的には手間と時間がかかりコストは高くなるそうです。

 

ちなみに、次の画像は、軽量鉄骨プレハブ工法のイメージです。

 

赤枠で囲った部分を見ていただくと、布基礎であることがわかります。

 

軽量鉄骨プレハブ住宅の基礎

基礎工事のベタ基礎と布基礎はどちらも良い

私が家を実際に建てるまでは、基礎工事はベタ基礎が頑丈そうで地震に強く、湿気もなく良いと思っていました。

 

しかし、家を建てて、その考え方は間違っていたことを知りました。

 

どちらが良いとか悪いとかではなく、その家に適した基礎工事があったわけです。

 

木造建築にはベタ基礎が適しているし、軽量鉄骨系プレハブ建築には布基礎が適していたわけです。

 

家づくりにおける基礎工事は、とても重要な工事ですが、ベタ基礎と布基礎にはそれぞれに特徴があり、建築する家の工法によって適切な基礎工事があることを理解しておきましょう。

 

また、私のように「ベタ基礎」の方が、「強固で安全で湿気も防げる」という固定概念を持たない方がいいこともお伝えしておきたいと思います。

注文住宅会社に相見積を依頼すれば500万円以上お得になることも!

基礎工事|関連ページ

家を建てるための準備【7ステップ】
家づくりを成功させるためには、家を建てるための準備が最も重要です。家を建てるための準備がしっかりとできていれば、その後の家づくりが円滑に進み、家づくりを成功させことができるでしょう。しかし、準備が足りなかったり、間違った準備の方法で家づくりを進めると失敗してしまうことになりかねません。ここでは、家を建てるための準備を詳しく説明します。
敷地調査
家を建てるときには、家を建築する土地の敷地調査が行われます。ここでは、敷地調査の内容について説明します。
地鎮祭
地鎮祭は、家を建てる前に行う祭事です。ここでは、地鎮祭について説明します。
地盤調査と地盤改良工事
家を建てる土地の地盤調査と地盤改良工事について説明します。地盤調査は、建築基準法により義務付けられています。地盤を固めることは、大切な家族と家を守るための最も重要なことです。ここでは、私の家づくりで行った実際の地盤調査と地盤改良工事についてもご紹介します。
家の本体工事
家の基礎工事が終わると、いよいよ家の本体工事(建築工事)がはじまります。ここでは、本体工事について説明します。
上棟式
上棟式は、家の棟上げ工事が終了した段階で行う儀式のことです。ここでは、上棟式について説明します。