住宅ローン いくら借りられる

注文住宅の新築一戸建てで得する方法

あなたは、注文住宅の新築一戸建ての家づくりで、
500万円の損をしたくはありませんよね?

私はこの方法を使って520万円得しました!

注文住宅の新築一戸建てで得する方法はこちら >

住宅ローン いくら借りられる

住宅ローンは、いくらまで借りられるかを説明します。

 

住宅ローンを組むときに大切なのは、融資上限よりも、自分が月々いくら返すことができるかを考えて借りる金額を決めることです。

 

この考え方を間違えるとローンの返済で苦しむことになりかねません。

住宅ローンの借り入れ金額の間違った考え方

住宅ローンでお金を借りるときに、「自分の年収では、いくらまで借りることができるのだろう?」と考える人がとても多いようです。

 

住宅ローンの融資額は、物件価格を上限に、施主(借りる人)の年収、返済期間などの条件によって、融資限度が設定されています。

 

そのため、自分の現在の年収から、住宅ローンの融資限度額を知ることで、資金計画を練る方が多くなるようです。

 

また、住宅展示場などに行って、ハウスメーカーのモデルハウスに入ると、アンケートで年収などを記入させられ、住宅ローンの融資限度額ギリギリの新築プランが提案されてきます。

 

もし、こちらが、月々のローン返済に無理がないか気にすると、ハウスメーカーの営業マンは、

 

「大丈夫です。融資限度というものは、年収から余裕で返せる金額が設定されています。」とか、

 

「ほとんどの方は、これくらいのローンを組んでも、ちゃんと返済されています。いい家に暮らす方が満足できますよ。」

 

などと、上手い言葉をかけてきます。

 

↑↑↑これ、私の経験談です。

 

そんな甘い言葉をかけられると、ついつい、

 

「一世一代のデカイ買い物だから、住宅ローンも少しくらい無理してもいい家を建てて、仕事を頑張って返済していくか!」

 

というような気持ちにもなります。

 

↑↑↑これも、私の経験談です。

 

しかし、やはり、これは、ちょっと間違っていると思うのです。

 

自分が、月々いくらのお金なら、返済できるかを考えるのが先だと気付きました。

 

例えば、賃貸マンションに住む場合にも、「月々の家賃がいくらだから、この部屋を借りよう。この金額ならば余裕ある生活ができる。」と考えるはずです。

 

ところが、この上で説明した住宅ローンの借り入れの考え方は、「融資限度がいくらだから月々の返済はいくらになる。そのお金を返済していこう。」となります。

 

これって、考え方が逆だと思いませんか?

 

正しくは、

 

「月々いくら返済できるから、住宅ローンはいくらまで借りることができる。だから、これだけの予算の家を建てることができる。」

 

というように考えていくのが、住宅ローンの返済で苦しむことにならない方法だと思います。

月々の返済額を設定してから住宅ローンがいくら借りられるかを知る資料が少ない

私は、ネットなどで月々の返済額を設定してから、住宅ローンがいくら借りられるかを知る資料を探してみましたが、私が探した当時は、そのような資料がほとんどありませんでした。

 

自分の年収や、返済期限などから、融資上限をシミュレーションするサイトや、データを見ることは簡単でしたが、なぜか、月々の返済金額から、住宅ローンがいくら借りられるか調べることができるサイトはほとんどありませんでした。

 

ということで、自分でざっくりと作ってみました。

 

住宅ローンの返済方法としては、元利均等返済(がんりきんとうへんさい)元金均等返済(がんきんきんとうへんさい)2種類があります。

 

ここでは、住宅ローンの返済方法として、多くの方(ほとんどの方)が利用されている、元利均等返済の方について表にしてみました。

  • 元利均等返済:毎回の返済額となる元金と利息の合計を一定とし、返済額が常に均等になる住宅ローン
  • 元金均等返済:借り入れた元金を均等割にした額に利息を加算した額を返済額にする住宅ローン

元利均等返済の場合の借りられる金額の一覧表

住宅ローンで元利均等返済の場合で、いくら借りられるかの金額を一覧表にしてあります。

金額の単位は万円とし、目安としてわかりやすくするために1桁目は0万円で統一しています。
毎月の返済額を5万円から2万円おきに、15万円までの間としています。
ボーナスは考えないものとします。
返済期間は、10年から5年おきに、35年までとしています。
金利は、全期固定金利型と変動金利型で、利率を次のように設定して表しています。

  • 全期固定金利型…2.5%(上段)
  • 変動金利型…1.0%(下段)

 

あくまで、月々の返済額から住宅ローンでいくら借りられるかの目安として見てください。

 

『元利均等返済の場合の借りられる金額の一覧表』の見方

 

一番左のたて軸から、「月々の返済額」を決めます。
一番上のよこ軸から、「返済期間」を決めます。
「月々の返済額」と「返済期間」が交わった場所が、その条件で借りることができる住宅ローンの総額です。

 

(例)月々の返済額を10万円とし、返済期間を35年とした場合は、

  • 固定金利型…2800万円
  • 変動金利型…3540万円

 

月々返済額 金利 10年 15年 20年 25年 30年 35年
5万円 2.5% 530 750 940 1110 1270 1400
1.0% 570 840 1090 1330 1550 1770
6万円 2.5% 640 900 1130 1340 1520 1680
1.0% 680 1000 1300 1590 1870 2130
7万円 2.5% 740 1050 1320 1560 1770 1960
1.0% 800 1170 1520 1860 2180 2480
8万円 2.5% 850 1200 1510 1780 2020 2240
1.0% 910 1340 1740 2120 2490 2830
9万円 2.5% 950 1350 1670 2010 2280 2520
1.0% 1030 1500 1960 2390 2800 3190
10万円 2.5% 1060 1450 1890 2230 2530 2800
1.0% 1140 1670 2170 2650 3110 3540
11万円 2.5% 1170 1650 2080 2450 2780 3080
1.0% 1260 1840 2390 2920 3420 3900
12万円 2.5% 1270 1780 2260 2670 3040 3360
1.0% 1370 2010 2610 3180 3730 4250
13万円 2.5% 1380 1950 2450 2900 3290 3640
1.0% 1480 2170 2830 3450 4040 4610
14万円 2.5% 1490 2100 2640 3120 3450 3920
1.0% 1600 2340 3040 3710 4350 4960
15万円 2.5% 1590 2250 2830 3340 3800 4200
1.0% 1710 2510 3260 3980 4660 5310

注文住宅会社に相見積を依頼すれば500万円以上お得になることも!

住宅ローン いくら借りられる|関連ページ

注文住宅の別途工事費の内訳
注文住宅の別途工事費の内訳について説明します。
家を建てるときの諸費用
家を建てるときには諸費用が必要らしいということを聞いたことがあるのではないでしょうか。でも、「諸費用ってどんな費用のこと?」、「諸費用っていくらくらいかかるものなの?」という疑問を持たれている方も多いでしょう。ここでは、家を建てるときの諸費用について説明します。
家を建てる時の頭金のメリット
家を建てる時の頭金を用意する場合のメリットについて説明します。家づくりのために用意できる頭金をいくら用意できるかによって、月々の住宅ローンの返済金額も変わるので、しっかりと計算してみましょう。