上棟式

注文住宅の新築一戸建てで得する方法

あなたは、注文住宅の新築一戸建ての家づくりで、
500万円の損をしたくはありませんよね?

私はこの方法を使って520万円得しました!

注文住宅の新築一戸建てで得する方法はこちら >

上棟式について

上棟式イメージ

 

上棟式は、家の棟上げ工事が終了した段階で行う儀式のことです。

 

ここでは、上棟式について説明します。

上棟式は棟上を祝い安全を願う儀式

上棟式(じょうとうしき)は、棟上(むねあげしき)、建前(たてまえ)、建舞(まてまい)ともいいます。

 

木造軸組工法(在来工法)の家づくりが基本となった、祭事です。

 

木造建築では、土台の上に柱が立てられ、梁や桁で基本的な形が作られます。

 

そして、棟木が組まれ骨組みが完成します。

 

施主は、上棟式を行うことで、無事に家としての形ができあがった感謝を神様にお礼をし、工事関係者(大工さん、職人さん)のそれまでの労をねぎらう場とします。

 

また、これから先の建築工事の安全と家の完成を祈願します。

 

上棟式後は、直会(なおらい)という宴会でお酒や食事を振る舞います。

 

しかし、最近では、この直会を行うことは少なくなってきているらしいです。

 

そもそも、家の建築工事に関わる人も、その建築現場には車で来る時代ですから、お酒を飲むようなことはできません。

 

上棟式と、その後の直会については地域によって違いがあるようですので、注文住宅会社の方に聞くといいでしょう。

最近では上棟式をやらない、もしくは簡略する施主が多い

地鎮祭を行う施主は多いのですが、最近では上棟式をやらない、もしくは簡略する施主が多くなっているそうです。

 

時代の変化もあるのですが、家の建築工法も関係しています。

 

例えば、私の場合は、軽量鉄骨プレハブ建築工法の住宅ですが、基礎が出来上がり、本体工事に入ると、工場から運ばれてきた部材がクレーン車を使って、家の外観は、ほぼ1日で完成してしまいます。

 

その工事は、大工さんの仕事ではなく、職人さんがどんどん組み立てていくという感じで、組み立てが終わると引き上げてしまいました。

 

棟上も、その流れで行われ無事に完了です。

 

そして、注文住宅会社の社長さんと現場監督、営業担当者と私たち家族で上棟式を行いました。

 

わが家の上棟式

 

ちょっと、恥ずかしいのですが、そのときの写真を1枚掲載します。

 

上棟式の様子

写真の場面は、上棟式で建築会社の方が、私たち家族に上棟の祝辞を述べられているところです。
(私たち家族は、画像処理をさせていただきました。)


 

上棟式の祝辞

上棟式で述べていただいた祝辞です。
私の上棟式では、このような感じでしたので、直会も行いませんでした。
とはいえ、やはり感慨無量となった貴重な経験でした。


 

自分の家の上棟式の経験は、その家では一度きり、そして人生の中でも一度だけになるかもしれないことですから、やられるといいと思います。

注文住宅会社に相見積を依頼すれば500万円以上お得になることも!

上棟式|関連ページ

家を建てるための準備【7ステップ】
家づくりを成功させるためには、家を建てるための準備が最も重要です。家を建てるための準備がしっかりとできていれば、その後の家づくりが円滑に進み、家づくりを成功させことができるでしょう。しかし、準備が足りなかったり、間違った準備の方法で家づくりを進めると失敗してしまうことになりかねません。ここでは、家を建てるための準備を詳しく説明します。
敷地調査
家を建てるときには、家を建築する土地の敷地調査が行われます。ここでは、敷地調査の内容について説明します。
地鎮祭
地鎮祭は、家を建てる前に行う祭事です。ここでは、地鎮祭について説明します。
地盤調査と地盤改良工事
家を建てる土地の地盤調査と地盤改良工事について説明します。地盤調査は、建築基準法により義務付けられています。地盤を固めることは、大切な家族と家を守るための最も重要なことです。ここでは、私の家づくりで行った実際の地盤調査と地盤改良工事についてもご紹介します。
基礎工事
基礎工事は、建物の文字通り基礎となる部分の非常に大切な工事です。ここでは、基礎工事について説明します。
家の本体工事
家の基礎工事が終わると、いよいよ家の本体工事(建築工事)がはじまります。ここでは、本体工事について説明します。