地鎮祭

注文住宅の新築一戸建てで得する方法

あなたは、注文住宅の新築一戸建ての家づくりで、
500万円の損をしたくはありませんよね?

私はこの方法を使って520万円得しました!

注文住宅の新築一戸建てで得する方法はこちら >

地鎮祭とは

地鎮祭の読み方は、「じちんさい」と「とこしづめのまつり」の2つがあります。

 

地鎮祭とは、土地に建物を建てる際に、その土地を司る氏神様に、工事の無事や安全を祈願することと、そこに住む人(家族)の健康や家の繁栄を祈願するための儀式です。

 

土地に家を建てるということは、人の手によってその土地を掘ったり穴をあけるなどをします。

 

また、建築工事によって騒がしくなります。

 

それをその土地の氏神様にお許しをいただくためにお祈りします。

 

そして、家が建てば、そこに入居する家族が、その土地の上に住むことになります。

 

土地の上に家を建て、住まわせていただくことをお許しいただき、家族が病気や事故にあうことなく日々の生活を健康で過ごせるようにお祈りします。

地鎮祭の準備や費用

地鎮祭は、家の工事が始まる前に行いますが、「何を準備して、いくらくらいの費用が必要なの?」と思う人も多いでしょう。

 

実は、私は注文住宅会社の方に、ほぼすべてお願いをしました。

 

地鎮祭は、家を建てるときだけに行うことですから、家づくりと同じで何度も経験することではありません。

 

また、地鎮祭はその家に住む家族と建築工事関係者が出席して行うことで、例えば、親戚が地鎮祭に出席することはほとんどないでしょう。

 

※地域によって、違いはあるようです。

 

私自身は、地鎮祭ははじめての経験で、誰かの家の地鎮祭に出席をした経験もありませんでした。

 

そのため、注文住宅会社の方に相談をしたところ、ほぼ準備を行ってくれました。

 

注文住宅会社から、地鎮祭の費用の請求はされませんでした。

 

そのため、私の地鎮祭の経験での費用をお知らせすることはできませんが、一般的に3万円から15万円と言われています。

 

しかし、地鎮祭の費用は、地域によって大きく違いがあるようです。

 

そのあたりは、注文住宅会社が詳しいので相談するといいでしょう。

注文住宅会社に相見積を依頼すれば500万円以上お得になることも!

地鎮祭|関連ページ

家を建てるための準備【7ステップ】
家づくりを成功させるためには、家を建てるための準備が最も重要です。家を建てるための準備がしっかりとできていれば、その後の家づくりが円滑に進み、家づくりを成功させことができるでしょう。しかし、準備が足りなかったり、間違った準備の方法で家づくりを進めると失敗してしまうことになりかねません。ここでは、家を建てるための準備を詳しく説明します。
敷地調査
家を建てるときには、家を建築する土地の敷地調査が行われます。ここでは、敷地調査の内容について説明します。
地盤調査と地盤改良工事
家を建てる土地の地盤調査と地盤改良工事について説明します。地盤調査は、建築基準法により義務付けられています。地盤を固めることは、大切な家族と家を守るための最も重要なことです。ここでは、私の家づくりで行った実際の地盤調査と地盤改良工事についてもご紹介します。
基礎工事
基礎工事は、建物の文字通り基礎となる部分の非常に大切な工事です。ここでは、基礎工事について説明します。
家の本体工事
家の基礎工事が終わると、いよいよ家の本体工事(建築工事)がはじまります。ここでは、本体工事について説明します。
上棟式
上棟式は、家の棟上げ工事が終了した段階で行う儀式のことです。ここでは、上棟式について説明します。