家を建てるときの工法

注文住宅の新築一戸建てで得する方法

あなたは、注文住宅の新築一戸建ての家づくりで、
500万円の損をしたくはありませんよね?

私はこの方法を使って520万円得しました!

注文住宅の新築一戸建てで得する方法はこちら >

家を建てるときの工法

家を建てるときの工法

 

注文住宅で家を建てるときの主な工法について解説します。

 

それぞれの工法の特徴や建築の流れ、メリットやデメリットを分かりやすくお届けします。

 

家を建てるときの工法を知ることは、家づくりの大切な知識ですから、しっかりと理解しましょう。

家づくりの主な工法

工法名 概要
木造軸組工法(在来工法) 日本の昔ながらの住宅建築工法である。建物の骨組みを木の柱や梁(はり)、筋交いなどで構成している。
2×4工法(ツーバイフォー工法) 北米で誕生した住宅建築工法である。床、天井、壁を面で構成している。
プレハブ工法【軽量鉄骨系】 建物の骨組みを木ではなく軽量鉄骨で構成している住宅建築工法である。工業化住宅の代表格となっている。
プレハブ工法【木質系】 工場であらかじめ製作した木質パネルを現場で組み立てる住宅建築工法である。面で作る工法のため、ツーバイフォー住宅と比較される。
プレハブ工法【コンクリート系】 工場であらかじめ製作されたコンクリートパネルを現場で組み立てる住宅建築工法である。木質系プレハブ住宅のコンクリート版といった感じ。
プレハブ工法【ユニット系】 住宅のほぼ80%を工場で生産する住宅建築工法である。箱型に出来上がったユニットを組み立てるだけの工業化住宅の究極とも言われる。

注文住宅会社に相見積を依頼すれば500万円以上お得になることも!

家を建てるときの工法記事一覧

木造軸組工法は、在来工法とも呼ばれる、古くから伝わる伝統的な日本家屋の工...

2×4工法(ツーバイフォー工法)は、1800年代に北米で誕生した工法です...

プレハブ工法の名前は、「pre(あらかじめ)fabricated(製造さ...