家を建てるときの費用

注文住宅の新築一戸建てで得する方法

あなたは、注文住宅の新築一戸建ての家づくりで、
500万円の損をしたくはありませんよね?

私はこの方法を使って520万円得しました!

注文住宅の新築一戸建てで得する方法はこちら >

家を建てるときの費用

家を建てるときには、様々な費用が必要になります。

 

一戸建て住宅本体の建築費はもちろんのこと、電気・ガス工事費や外構費などの別途工事費(付帯工事費)に、各種手数料や税金などの諸費用など、いったい何にいくらかかるのか見当がつかないほど、いろいろな費用が発生します。

 

それらの費用には、すべての施主に関わる費用もあれば、そうではない費用もあるので、家づくりの総費用にいくら用意すればいいのかは、明確な数字に表すことはできません。

 

例えば、現在住んでいる家があり、その家を建て替える場合には、土地の取得費用はなくて済みますが、旧家の解体費用が必要になります。

 

また、仮住まいに住むことになる場合は、新しい家が建つまでの間の仮住まい家賃や、仮住まいへの引越しと、新築が完成したときの仮住まいから新築への引越しの2度の引越し費用が必要になります。

 

このように、家を建てるときには、人それぞれの状況や条件によって、千差万別の費用が発生します。

 

とはいっても、成功する家を建てるためには、家づくりの費用についての知識を持つことは大変に重要なことです。

 

そして、複雑で分かり難そうな費用ですが、整理整頓して理解するようにすると、意外と分かってくるものです。

 

当サイトでは、家を建てるときの費用をできる限り分かりやすく整理整頓してお伝えしていきたいと思います。

注文住宅会社に相見積を依頼すれば500万円以上お得になることも!

家を建てるときの費用記事一覧

注文住宅で家を建てるときの費用を大きく分けると建築工事費…家の建築工事に...

家を建てるときには諸費用が必要らしいということを聞いたことがあるのではな...

住宅ローンは、いくらまで借りられるかを説明します。住宅ローンを組むときに...

家を建てる時の頭金を用意する場合のメリットについて説明します。家づくりの...