家を建てるなら今がチャンス?

注文住宅の新築一戸建てで得する方法

あなたは、注文住宅の新築一戸建ての家づくりで、
500万円の損をしたくはありませんよね?

私はこの方法を使って520万円得しました!

注文住宅の新築一戸建てで得する方法はこちら >

家を建てるなら今がいい?

「家を建てるならいつがいい?」

 

今でしょ!

 

「じゃあ、今すぐ家を建てよう!」

 

などと、家を建てることは簡単にはいきませんね。

 

『家を持つことは人生で最も大きな買い物をすること』と、よく言われるように、多くの人にとって一生に一度の大イベントです。

 

自分の家を建てたいと思い願っても、なかなかすぐにできるものではありません。

 

とはいっても、いつかは持ちたいマイホーム!

 

そして、今は低金利時代で、住宅ローンも一戸建て住宅建築希望者に大変有利になっています。

 

さらに、現在、新築一戸建ては、ローコスト住宅が注目されているように、品質の良い家を安く建てることができるようになってきています。

 

家を建てるなら今がチャンスなのでしょうか?

 

ここでは、家を建てたいと考えている方のために、そのタイミングについて考えてみたいと思います。

低金利で住宅ローンが有利

現在、日本は低金利時代になっています。

 

住宅ローンの金利は、ローンのタイプ(変動金利や固定金利など)により1%以下からはじまり、2%を超えない状況です。

 

金利は常に変動するものですから、これから先どうなるのかは分かりませんが、現在は低金利によって、住宅ローンを組む人にとっては大変有利な状況となっています。

 

過去を振り返ってみると、日本のバブル経済絶頂期の頃には、住宅ローンが8.5%なんていう超高金利の時代もありました。

 

このバブル期は、5〜8%の金利が、高金利とは捉えられず普通に考えられていたのです。

 

そのため、今では、考えられない超高金利ですが、バブルの好景気の影響もあり、大変多くの人がマイホームを持ちました。

 

そして、バブル経済がはじけ、給料やボーナスが激減した人は、重くのしかかる住宅ローンに悲鳴をあげたのです。

 

さて、話を今の時代に戻しましょう。

 

バブル経済期と比較してはいけませんが、現代は低金利には間違いありません。

 

では、この低金利時代がいつまで続くか?
という将来のことは、経済評論家の意見でも分かれるところですから全く予測できません。

 

しかし、今より更に低金利になる可能性は低いことは分かっていることですから、住宅ローンを組んで家を建てたいと考えている人にとっては、今が有利であることに間違いはありません。

 

品質の良い家が安く建てられる時代になった

ローコスト住宅をいう言葉を聞いたことはあると思います。

 

主に建売住宅(分譲住宅)に多い新築一戸建て住宅ですが、坪単価が30万円前後からをウリにしている低価格住宅です。

 

最近では、ローコスト住宅は、建売住宅だけではなく、注文住宅でも人気が高まってきています。

 

その理由は、デザインも品質も良い家が安く建てられるからです。

 

安い家というと、過去には、使われる建材の品質が悪かったり、設備のグレードが低く安物っぽかったり、中には手抜き工事という悪質な建築がされている場合もありました。

 

テレビなどのメディアで、欠陥住宅が取り上げられ、その映像を見たことがある方もおられるでしょう。

 

床にビー玉を置いたら、自然にころがっていく傾いた床の映像や、雨漏りのひどい家、カビだらけの床下や、ずさんな基礎工事などなど。

 

しかし、今では、そのような映像を見ることがなくなったと思いませんか?

 

それは、平成12年4月から施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」にある瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)の期間が義務化されたことが大きいです。

 

瑕疵担保責任とは、「一般の人では簡単に発見できないような瑕疵 (欠陥) があった場合には、住宅会社がちゃんと責任をとりなさいよ」という法律です。

 

この法律により、家を建てる人が欠陥住宅で泣くことが、かなり減りましたし、注文住宅会社も欠陥住宅を建てない努力をしているわけです。

 

さて、欠陥住宅は論外ですが、最近はデザインが良く、品質が高い家を安く建てられるようになったことについて話を戻します。

 

なぜ、このような家が建てられるようになったかの理由ですが、
住宅の建築技術の発達や、設備の低価格化により、住宅建築のローコスト化
が進んでいるからです。

 

建築技術の発達は、高水準の家を短期間で作ることができるようになったため、人件費の削減にも繋がります。

 

設備の低価格化は、良いものを安く設置できることになっています。

 

ローコスト住宅に見学に行ってみるとわかるのですが、家の中はとてもシンプルに作られており、ムダな部分を感じません。

 

しかし、実は、シンプルであるからこと使い勝手良い家ともいえます。

家を建てるなら今がチャンスか?

住宅ローンの低金利と、デザインと品質の良い家が安く建てられることを考えると、今は家を建てる良いタイミングだといえるでしょう。

 

そういう意味では、今が家づくりをはじめるチャンスですね。

 

そうそう、この記事では、ローコスト住宅に着目しましたが、ハウスメーカーも住宅建築技術は常に進化させ、良いモノを安くする努力は怠っていません。

 

当サイトは、ローコスト住宅だけをおすすめするのではなく、一番大切にしたいことは、あなたとあなたの家族のライフプランや住みたい家をよく考えて、理想に適した家づくりをしていただきたいと願っております。

注文住宅会社に相見積を依頼すれば500万円以上お得になることも!

家を建てるなら今がチャンス?|関連ページ

失敗しない家の建て方
失敗しない家の建て方は、あります。多くの方は、その失敗しない家の建て方を知らないまま家づくりをはじめてしまい、家が完成し実際に住んでみると「失敗したなあ」と後悔を感じています。ここでは、失敗しない家の建て方について説明します。
良い家の条件とは?
良い家を建てたいとは誰もが思い願うことです。では、本当に良い家とはどんな家なのでしょうか?ここでは、家づくりにおける良い家の意味と、その条件について説明します。
家を建てるときの坪単価を知ろう
家を建てるときの坪単価について説明します。そもそも一坪ってどれくらいの大きさなの?家を建てるときの坪単価ってどうやって計算するの?坪単価の比較はできるの?など、坪単価についての疑問を考えてみましょう。
坪単価の違いが出る理由
家を建てるときに気になるのが、家の坪単価です。坪単価を比べてみると40万円前後から80万円前後まで様々な坪単価があることがわかります。同じくらいの大きさの家であってもこのような坪単価の差額が生じるのはなぜでしょうか?ここでは、そんな坪単価の違いが生じる理由について考えます。
家を建てるなら住宅展示場に行くのは後まわし
家づくりで失敗したくない家を建てるなら、住宅展示場に行くのは後まわしにした方がいいことについて説明します。家づくりのはじめに住宅展示場に行ってしまうと、理想の家を建てることができなくなってしまうかもしれませんよ。
家を建てるときの工法
注文住宅で家を建てるときの主な工法について解説します。それぞれの工法の特徴や建築の流れ、メリットやデメリットを分かりやすくお届けします。家を建てるときの工法を知ることは、家づくりの大切な知識ですから、しっかりと理解しましょう。