家を建てるときの坪単価を知ろう

注文住宅の新築一戸建てで得する方法

あなたは、注文住宅の新築一戸建ての家づくりで、
500万円の損をしたくはありませんよね?

私はこの方法を使って520万円得しました!

注文住宅の新築一戸建てで得する方法はこちら >

家を建てるときの坪単価を知ろう

家を建てるときの坪単価について説明します。

  • 家を建てるときの坪単価とは、どういう意味?
  • そもそも一坪ってどれくらいの大きさなの?
  • 家を建てるときの坪単価ってどうやって計算するの?
  • 坪単価の比較はできるの?

など、坪単価についての疑問を考えてみましょう。

 

坪単価とは、家を建てるときの一坪の延床面積当たりの価格のことです。

 

一坪とは、面積が約3.3uで、一辺の長さが約180cmの正方形の面積になります。

 

一坪の正確な大きさは、一辺の長さが尺貫法の単位で、一間です。
一間は6尺で約1.8182mです。

 

私たちはメートル法の方が馴染みがあり分かりやすいので、一坪の大きさの一辺を約180cmとして表しています。

 

また、面積は約3.3uとして表しています。

 

ちなみに、一坪の大きさのイメージを分かりやすく説明すると、畳で考えると分かりやすいでしょう。

 

180cm×90cmの大きさの畳の2畳分が一坪になります。

 

では、住宅の価格でよく見たり聞いたりする、坪単価について説明しましょう。

家を建てるときの坪単価とは?

新聞などに入ってくる建売住宅の広告チラシを見たことはあると思います。

 

そのチラシを見ると、よく「一坪が40万円代からの家」などと書いてあるのを目にします。

 

これが家の坪単価です。

 

つまり、この家は一坪あたりが○○万円でできていますよという単価を表示しているわけです。

 

家を買う人の中には、この坪単価を見て、その家が安いのか高いのかの判断をする人が多いので、広告チラシなどには、坪単価を表示しているのです。

 

では、この坪単価の計算はどのようにされているのでしょうか?

家を建てるときの坪単価はこのように計算されている

家を建てるときの坪単価を計算するためには、家の「述べ床面積」を知る必要があります。

 

家の延べ床面積とは、その家の床の総面積のことで、家の大きさ(広さ)になります。

 

述べ床面積は、1階建て住宅なら1階部分の床の面積で、2階建て住宅なら1階と2階の床面積の合計になります。

 

例えば、2階建ての家で1階部分の床面積が70uで、2階が60uならば、その家の延べ床面積は130uとなります。

 

さらに、この延べ床面積を坪数で表すと、

 

130u÷3.3u=約39 となるので、この住宅の坪数は約39坪の家となるわけです。

 

家を建てるときの坪単価の計算方法

 

坪単価は、一坪当たりの単価ですから、坪単価を計算する方法は、その家の価格を述べ床面積(坪数)で割れば算出できます。

 

例えば、述べ床面積が40坪の家で、価格が2400万円の場合、

 

2400万円÷40坪=60万円となり、この家の坪単価は、60万円となるわけです。

 

また、述べ床面積が50坪の家で、価格が2500万円の場合、

 

2500万円÷50坪=50万円となり、この家の坪単価は、50万円となります。

 

この例の場合は、述べ床面積が50坪の家と40坪の家を比べると、
50坪の家は、家の本体価格は100万円高いが、坪単価は10万円安いことがわかります。

家を建てるときの坪単価の比較で注意したいこと

家を建てるときに、複数の注文住宅会社の坪単価を比較することは、家づくりにおける検討材料になります。

 

しかし、坪単価だけを比較して「A社よりもB社の方が安いからB社の家にしよう」という判断は、早まらないようにしましょう。

 

注文住宅で建てられる家は、建築工法や使われている材料、そして導入設備などで、コストが大きく変わるものです。

 

安価な建築方法で、安価な材料を使用し、設備も安い家の場合は、家本体の価格も安くなり坪単価も安くなります。

 

そして、その逆ならば、坪単価は高くなります。

 

自分が理想とする家の建築工法や使用する材料、そして導入する設備などをよく考えることが大切です。

 

坪単価は、あくまでひとつの参考値として考えて、家を建てるときの価格の目安にするようにしましょう。

注文住宅会社に相見積を依頼すれば500万円以上お得になることも!

家を建てるときの坪単価を知ろう|関連ページ

失敗しない家の建て方
失敗しない家の建て方は、あります。多くの方は、その失敗しない家の建て方を知らないまま家づくりをはじめてしまい、家が完成し実際に住んでみると「失敗したなあ」と後悔を感じています。ここでは、失敗しない家の建て方について説明します。
良い家の条件とは?
良い家を建てたいとは誰もが思い願うことです。では、本当に良い家とはどんな家なのでしょうか?ここでは、家づくりにおける良い家の意味と、その条件について説明します。
家を建てるなら今がチャンス?
現在は低金利の時代、そしてローコスト住宅で一戸建て住宅も安く建てることができるようになってきています。では、家を建てたいと考えている人にとって、今は家づくりをはじめるチャンスなのでしょうか?ここでは、家づくりをはじめるタイミングについて考えてみましょう。
坪単価の違いが出る理由
家を建てるときに気になるのが、家の坪単価です。坪単価を比べてみると40万円前後から80万円前後まで様々な坪単価があることがわかります。同じくらいの大きさの家であってもこのような坪単価の差額が生じるのはなぜでしょうか?ここでは、そんな坪単価の違いが生じる理由について考えます。
家を建てるなら住宅展示場に行くのは後まわし
家づくりで失敗したくない家を建てるなら、住宅展示場に行くのは後まわしにした方がいいことについて説明します。家づくりのはじめに住宅展示場に行ってしまうと、理想の家を建てることができなくなってしまうかもしれませんよ。
家を建てるときの工法
注文住宅で家を建てるときの主な工法について解説します。それぞれの工法の特徴や建築の流れ、メリットやデメリットを分かりやすくお届けします。家を建てるときの工法を知ることは、家づくりの大切な知識ですから、しっかりと理解しましょう。