家を建てるときの諸費用

注文住宅の新築一戸建てで得する方法

あなたは、注文住宅の新築一戸建ての家づくりで、
500万円の損をしたくはありませんよね?

私はこの方法を使って520万円得しました!

注文住宅の新築一戸建てで得する方法はこちら >

家を建てるときの諸費用

家を建てるときには諸費用が必要らしいということを聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

でも、「諸費用ってどんな費用のこと?」、「諸費用っていくらくらいかかるものなの?」という疑問を持たれている方も多いでしょう。

 

ここでは、家を建てるときの諸費用について説明します。

 

注文住宅で家を建てるときの費用は、次の2つで構成されています。

 

  • 住宅建築工事費用…家の建築工事に関わる費用で、家の本体工事費と別途工事費(付帯工事費)で構成されています。
  • 諸費用…(※このページで解説する費用です)

 

諸費用とは、家の建築工事以外の費用のことで、各種手数料や税金の他、祭事費や旧家解体費など、家づくりに関わる諸々の費用です。

 

諸費用は、家を建てる条件によって、その内容が変わります。

 

例えば、家を建て替える場合は、旧家の解体費用が諸費用に含まれます。

 

また、家を建て替える場合は、新しい家が出来上がるまでの間は、仮住まいに住む必要があるでしょう。

 

その仮住まいの費用も諸費用として考えなければなりません。

 

では、家を建てるときの主な諸費用について一覧にしてみましょう。

家を建てるときの主な諸費用一覧

冒頭でも説明しましたが、ひとことで諸費用といっても、いろいろとあります。

 

また、施主が建てる家の条件によって、必要となる費用や必要とならない費用もあります。

 

そのような、諸費用をすべて掲載することは難しいため、ここでは主な諸費用について一覧にしてみましたので参考にしてください。

 

測量費 土地の測量を行うための費用です。測量については必ず必要となるわけではありません。
地盤調査費 家を建てる土地の地盤の強度を調査する費用です。地盤調査によって地盤強度工事費(別途工事費に含まれる費用)が決まります。地盤調査は、家の建て替えの場合でも行います。
住宅ローン事務手数料 住宅ローンを借りるときにかかる手数料です。金額は住宅ローンの種類や金融機関によって違います。事務手数料の支払い方法は、住宅ローン契約時に3万円から5万円程度を支払う支払い方法と、融資額の1%から2%というように融資額に応じた金額を支払う支払い方法の2種類があります。
住宅ローン保証料 住宅ローン保証料とは、住宅ローン支払えなくなったときに保証会社が借入者に代わって住宅ローンを支払ってもらうための、銀行にとって保険的なお金です。つまり、保証会社が連帯保証人の代わりになるためのお金です。フラット35の場合は、この保証料はかかりません。
火災保険料 住宅ローンで融資を受ける場合に、火災保険の加入が条件になっている金融機関が多いです。
印紙代 家づくりに関わる印紙税です。建築設計契約や工事請負契約、住宅ローン契約などの契約書には印紙税がかかり、契約書に印紙を貼って納税します。
祭事費 地鎮祭や上棟式にかかる費用です。いくらの費用をかけるかは、施主によって様々ですし、地域の風習によっても違います。
解体費 家の建て替えの場合は、解体費が必要になります。解体する家の大きさや構造によって費用は大きく変わります。
引越し費用 現在住んでいる住まいから新居に引っ越すための費用です。家の建て替えの場合は、仮住まいへの引越しと、仮住まいから新居への引越しの2回分の引越し費用がかかることになります。
仮住まい費 家の建て替えの場合には、新居が完成するまでの間に暮らすための仮住まいの家賃が必要になります。また、仮住まいに収まらない荷物がある場合には、トランクルームなどの倉庫を借りる費用も必要になる場合もあります。
粗大ゴミ処分費用 新居に移るときに出る粗大ゴミの処分費用です。インテリア家具や家電製品など、新居に合わせて新品にする方が多く、古い物を処分する費用が必要になります。リサイクルショップなどに売るという方法もあります。

家づくりの諸費用のお金はいくら必要なの?

家づくりの諸費用のお金は、いくら用意しておけば大丈夫という明確な金額はありません。

 

よく言われることは、「諸費用は家づくりの総コストの10%を目安にする」ということです。

 

つまり、総コストが2500万円の家を建てるのであれば、250万円を用意することになります。

 

しかし、諸費用には大きな金額の費用が必要になる場合があります。

 

例えば、家を建て替える施主の場合は、旧家の解体費用が必要になります。

 

解体費についても、解体する家の規模や構造によって、数十万円から数百万円と金額の幅が大きく違ってきます。

 

また、仮住まい費についても、どのような仮住まいに暮らすかによって家賃は大きく変わります。

 

とはいっても、このような費用については、予めおおよその計算はできるでしょう。

 

また、家の建築工事や住宅ローンの借り入れに関わる手数料や税金についても、自分で調べて計算することは可能です。

 

しかし、はじめての家づくりをされる方が、それらの諸費用の計算を自分だけですることは、かなりの時間と手間がかかります。

 

何より一番の心配は、間違った計算をしてしまったり、計算モレをしてしまったときです。

 

後になって、思わぬ出費が判明して、予算の見直しをすることになりかねません。

 

諸費用の計算ミスによって、頭をかかえることになる施主は意外に多いです。

 

そのようなことにならないためにも、最初の資金計画は、プロに任せることをおすすめします。

注文住宅会社に相見積を依頼すれば500万円以上お得になることも!

家を建てるときの諸費用|関連ページ

注文住宅の別途工事費の内訳
注文住宅の別途工事費の内訳について説明します。
住宅ローン いくら借りられる
住宅ローンは、いくらまで借りられるかを説明します。住宅ローンを組むときに大切なのは、融資上限よりも、自分が月々いくら返すことができるかを考えて借りる金額を決めることです。この考え方を間違えるとローンの返済で苦しむことになりかねません。
家を建てる時の頭金のメリット
家を建てる時の頭金を用意する場合のメリットについて説明します。家づくりのために用意できる頭金をいくら用意できるかによって、月々の住宅ローンの返済金額も変わるので、しっかりと計算してみましょう。