家を建てる流れ

注文住宅の新築一戸建てで得する方法

あなたは、注文住宅の新築一戸建ての家づくりで、
500万円の損をしたくはありませんよね?

私はこの方法を使って520万円得しました!

注文住宅の新築一戸建てで得する方法はこちら >

家を建てる流れ

家を建てる流れについて説明します。

 

当サイトのトップページでも、「注文住宅で家を建てるときのおおまかな流れ」を説明させていただいております。

 

ここでは、さらに具体的に、家を建てるときの流れについて考えてみることにします。

 

家づくりは、物を買うように簡単にはいきません。

 

これは、誰もが分かっていることですが、

 

「じゃあ、何からはじめて、どうやっていけばいいの?」

 

という疑問を持つことになるのですが、ここでは、その疑問にお答えしていきます。

 

家を建てようと考えてから、実際に家が完成してそこで暮らすまでの流れを理解しましょう。

 

家づくりを成功させるためには、準備の段階が非常に重要です。

 

家づくりを成功させるためには、家を建てようと考えてから、実際に家を建ててもらう注文住宅会社を決定するまでの準備の段階が、最も重要になります。

 

満足ができる理想の家づくりに成功するか、失敗するかは、この準備段階で90%決まると言っても過言ではありません。

 

この準備段階がしっかりとできて、本当に良い注文住宅会社に決めることができれば、その後の家づくりが円滑に進み、かならず満足ができる家を建てることができるでしょう。

 

しかし、この準備段階をおろそかにしたり、間違った準備方法を行ってしまうと、家づくりに失敗してしうことになってしまうかもしれません。

 

このことをぜひご理解いただきたいと思います。

 

家を建てる流れ【タイムスケジュール】をご紹介しますので、参考にしてください。       

家を建てる流れ【タイムスケジュール】

この、家を建てる流れ【タイムスケジュール】は、おおよその目安として参考にしてください。

 

準備期間は、とても重要な期間ですので、じっくりと時間をかけてください。

 

このタイムスケジュールでは、家づくりを依頼する注文住宅会社を決定してから、入居するまでを12ヶ月として考えています。

 

実際には、建築する家の大きさや、建築工法などにより、スケジュールは大きく変わりることをご承知いただき、ご覧ください。

 

準備(とても重要です)

@家を建てるための条件をまとめる
A条件を元に実際に建てることができる家を知る
B見積りの内容について注文住宅会社に話を聞く
C実際の家を見て情報を集める
D家の建築工法を理解して注文住宅会社を3社程度に絞る
E絞った注文住宅会社に見積りを依頼する
F注文住宅会社を決定する

12ヶ月前

敷地調査
プラン打合せ

11ヶ月前

基本設計検討

10ヶ月前

見積り検討
資金計画作成

9ヶ月前

契約(工事請負契約)

8ヶ月前

地盤調査と地盤改良工事

7ヶ月前

基本計画決定
内装材打ち合せ

6ヶ月前

建築確認申請
地鎮祭
内装材確認

5ヶ月前

着工(基礎工事)

4ヶ月前

家の本体工事
上棟式

3ヶ月前

内部工事

2ヶ月前

内装工事・設備工事

1ヶ月前

竣工
建築確認

入居

最終建築確認
引渡し
引越し・入居

注文住宅会社に相見積を依頼すれば500万円以上お得になることも!

家を建てる流れ記事一覧

家づくりを成功させるためには、家を建てるための準備が最も重要です。もう一...

家を建てるときには、家を建築する土地の敷地調査が行われます。家は、土地が...

地鎮祭の読み方は、「じちんさい」と「とこしづめのまつり」の2つがあります...

家を建てるときには、家を建築する土地の地盤調査が行われます。家を建てると...

地盤調査が行われ、適切な地盤改良工事が済むといよいよ着工となり基礎工事が...

家の基礎工事が終わると、いよいよ家の本体工事(建築工事)がはじまります。...

上棟式は、家の棟上げ工事が終了した段階で行う儀式のことです。ここでは、上...