E絞った注文住宅会社に見積りを依頼する|家を建てるための準備

注文住宅の新築一戸建てで得する方法

あなたは、注文住宅の新築一戸建ての家づくりで、
500万円の損をしたくはありませんよね?

私はこの方法を使って520万円得しました!

注文住宅の新築一戸建てで得する方法はこちら >

E絞った注文住宅会社に見積りを依頼する|家を建てる流れ

家を建てる流れのDでは、「D家の建築工法を理解して注文住宅会社を3社程度に絞る」ことをしました。

 

今回は、絞った注文住宅会社(業者)に見積りを依頼する段階です。

 

あなたが絞った業者とは、これまでにも、家づくりに関して様々な話をされてきたと思います。

 

そして、その業者には、あなたの希望する家の条件は既に伝わっていると思います。
また、あなたや家族が持つ「こだわり」についても、気持ちは伝わっていることでしょう。

 

それをもとに、注文住宅会社に見積りを依頼しましょう。

 

既に、家づくり計画書で、間取りプランや資金計画書を作成してくれている会社については、会社の担当者とよく話し合い、再度見積もり書を作成するか、すでに提案済みの見積りで検討していくのかを決めましょう。

 

複数の会社に見積りを依頼することを「相見積りをとる」といいますが、注文住宅で家を建てるときには、相見積りをとって、金額の比較をすることは一般的な行為です。

 

相見積りで重要なポイントは、

 

希望する家の条件は、建築工法以外は同じ内容で依頼することです。

 

これは、当然のことですが、条件を同じにして見積りを依頼しないと、見積りの比較ができません。

 

見積りは無料で行ってくれますが、簡単な作業ではないことを理解し、何度もやり直しをお願いすることのないように、条件はしっかりと伝えることが大切です。

 

建築工法については、相手会社によって決まっているので、こちらから注文をすることはできません。

 

※複数の建築工法を持っている会社は、希望する家の条件に合った建築工法で見積りを出してもらいます。

 

見積りを依頼したら、あとは、見積り書が出揃うのを待ちます。

注文住宅会社に相見積を依頼すれば500万円以上お得になることも!

E絞った注文住宅会社に見積りを依頼する|家を建てるための準備|関連ページ

@家を建てるための条件をまとめる
家を建てる流れの最初にすることは、「家を建てるための条件をまとめる」ことです。家族構成からどんな家を建てる必要があるのか、予算の設定について、自分や家族のこだわりたいことについてなど、家を建てるための条件の洗いだしについて説明します。
A条件を元に実際に建てることができる家を知る
家を建てるための条件をまとめることの次にすることが、その条件を元に実際に建てることができる家を知ることです。これは、これから先の家づくりをスムーズに進めることと、満足ができる家を建てることに繋がる大変重要なことです。
B家づくり計画書の内容について注文住宅会社に話を聞く
ネットで無料で作ってもらえる「家づくり計画書」の資料をじっくり検討して、分からないことや疑問に思うことをまとめておきます。そして、注文住宅会社に連絡をして、提案書で分からないことや疑問点をしっかりと聞きましょう。家づくりの知識を身につけることができます。
C実際の家を見て情報を集める
これまでの家を建てる流れに沿って家づくりをすすめてくれば、家づくりに関しての基礎知識は、かなり身についてきていると思います。いよいよ、実際の家を見たり触れたりする段階になってきました。住宅展示場のモデルハウスや週末に開催される住宅見学会などに参加しましょう。
D家の建築工法を理解して注文住宅会社を絞る
理想とする建てたい家の希望や家づくりの条件などから、建築工法が決まってくるころです。建築工法が決まれば、注文住宅会社も絞ることができる段階になります。ここでは、注文住宅会社を3社程度に絞ることを考えてみましょう。
F注文住宅会社を決定する
注文住宅会社を決定することについて説明します。これまでに揃えてきた資料や、各社の見積りや家のプランをもとに注文住宅会社を決めます。ポイントは、依頼した条件で、希望とする家を建ててくれる信用できる会社にすることです。