40代で家を建てるメリットとデメリット

注文住宅の新築一戸建てで得する方法

あなたは、注文住宅の新築一戸建ての家づくりで、
500万円の損をしたくはありませんよね?

私はこの方法を使って520万円得しました!

注文住宅の新築一戸建てで得する方法はこちら >

40代で家を建てるメリットとデメリット

40代で家を建てるメリットとデメリット

40代ともなると、自分の家を建てて一戸建て住宅に住むことを現実化させたいと思う人も多いでしょう。

 

また、親から譲り受けた家の老朽化により、家の建て替えを考えなくてはならない人もいるでしょう。

 

ここでは、40代で家を建てるメリットとデメリットを考えてみましょう。

40代で家を建てるメリット

40代というと、会社員の場合は、給料やボーナスもほぼ安定する頃でしょう。

 

そして、家を建てることを意識してきた人は、家づくりのための貯蓄もそれなりにあり、自己資金も用意できる年齢です。

 

住宅ローンを組んで家を建てるための融資を受ける場合、自己資金は多ければ多い方が、利息が減り有利になります。

 

40代で会社の給料も安定し、自己資金が十分に用意できる人にとっては、住宅ローンの返済額を少なく抑えることができるので、ゆとりある生活をしながら新築一戸建てに住むことができるメリットがあるでしょう。

40代で家を建てるデメリット

仮に40歳で35年の住宅ローンを利用した場合、完済できる年齢は75歳になります。

 

75歳というと、ほとんどの方は、会社の仕事は定年退職を過ぎた生活になっているはずです。

 

会社の定年退職が65歳だとしても、その後の10年間は、住宅ローンの返済を行わなければなりません。

 

その場合、住宅ローンの頭金(自己資金)が少なく、毎月の返済金額が大きい場合には、いわゆる老後の生活が苦しくなるデメリットがあります。

 

会社の退職金をあてにして住宅ローンを返済し、老後の生活は年金でなんとかやっていこうと考える人も多いのですが、退職金はともかく、少子高齢化の影響や不安定な経済の景気などのより、これから先「年金受給」がどのようになるのか、ほんとうに分からない世の中になってきました。

 

そんな不安材料がある中、さらに住宅ローンの返済で貯蓄が無くなってしまっては、さすがにゆとりある生活は送れません。

 

とはいっても、自分の家を持っている方が、老後の生活の心配は少なくすむことも事実です。

 

40代で家を建てるためには、ゆとりある老後の生活設計をよく考えて、自己資金と住宅ローンの割合をしっかりと計算して家づくりをすすめましょう。

 

資金計画の、もうひとつのポイントは、住宅ローンの繰上げ返済をすることです。

 

繰上げ返済とは、住宅ローン返済期間の間に、ローン残金のうちの全部もしくは一部のお金を前倒しして払うことです。

 

40代ともなれば、ボーナスでまとまったお金を手にすることもできる方も多いと思います。

 

そのお金を住宅ローンの繰上げ返済にわりあてることができれば、元金の利息も減り住宅ローンを早く完済することができます。

 

住宅ローンは、期間内にお金を返済すればいいので、最初に決めたすべての期間で払い続ける必要はありませんので、繰上げ返済を上手く利用しましょう。

 

なお、繰上げ返済については、銀行などの住宅ローン窓口などで質問をすれば、しっかりと教えてくれるので、相談してみることをおすすめします。

注文住宅会社に相見積を依頼すれば500万円以上お得になることも!

40代で家を建てるメリットとデメリット|関連ページ

みんなは何歳でマイホームを持つの?
みんなは何歳くらいでマイホームを持つのでしょうか?ここでは、家を建てたり家やマンションを購入して、自分の持ち家を取得した人の年齢について解説します。
20代で家を建てるメリットとデメリット
注文住宅で家を建てるときの知っておきたいポイントや、失敗しないで後悔することなく満足ができる家づくりのノウハウと秘訣やコツなどをお届けします。ここでは、20代で家を建てるメリットとデメリットについて考えてみましょう。
30代で家を建てるメリットとデメリット
注文住宅で家を建てるときの知っておきたいポイントや、失敗しないで後悔することなく満足ができる家づくりのノウハウと秘訣やコツなどをお届けします。ここでは、30代で家を建てるメリットとデメリットについて考えてみましょう。
50代から家を建てるメリットとデメリット
注文住宅で家を建てるときの知っておきたいポイントや、失敗しないで後悔することなく満足ができる家づくりのノウハウと秘訣やコツなどをお届けします。ここでは、50代から家を建てるメリットとデメリットについて考えてみましょう。