家の工法【プレハブ工法】

注文住宅の新築一戸建てで得する方法

あなたは、注文住宅の新築一戸建ての家づくりで、
500万円の損をしたくはありませんよね?

私はこの方法を使って520万円得しました!

注文住宅の新築一戸建てで得する方法はこちら >

家の工法【プレハブ工法】

プレハブ工法の名前は、「pre(あらかじめ)fabricated(製造された部品で造られた)」(プレファブリケイティッド)が由来です。

 

プレハブ住宅の正式名称は、プレファブリケイティッド・ハウスで、「あらかじめ製造された部品で造られた家」のことです。

 

では、あらかじめ製造された部品とは、何をどこで事前に作るのでしょう?

 

基本的には、住宅の一部、もしくは全ての部材をメーカーの工場で生産・加工します。

 

工場で生産・加工された部材が、建築現場に運ばれ組み立てられるのが、プレハブ工法です。

 

そのため、プレハブ住宅は「工業化住宅」とも呼ばれます。

 

プレハブ住宅は、工場で生産・加工されるため、建築会社は有名ハウスメーカーがほとんどとなります。

 

プレハブというと、工事現場や選挙期間中の臨時の事務所などでよく見る、箱型の建物をイメージする方も多いようですが、あの建物も、あらかじめ作られたものが現場に運ばれた建物であることから、プレハブと呼ばれています。

主なプレハブ工法の種類

プレハブ工法とひとことで言っても、その工法はいくつかの種類に分かれます。

 

例えば、プレハブ住宅というと軽量鉄骨系の住宅を思い浮かべる方が多いのですが、プレハブ住宅には、木質系の工法もあります。

 

鉄骨系であっても、木質系であっても、あらかじめ工場生産され建築現場に運ばれて組み立てられるのですから、プレハブ工法となるわけです。

 

ここでは、主なプレハブ工法の種類について説明します。

 

プレハブ工法 イメージ 特徴 代表的ハウスメーカー
軽量鉄骨系 軽量鉄骨系プレハブ工法出典:積水ハウス 軽量鉄骨を骨組みに使用する軸組工法です。プレハブ工法の代表的工法になります。 積水ハウス、ダイワハウス、トヨタホーム、パナホーム
木質系 木質系プレハブ工法出典:ミサワホーム 木質パネルを工場であらかじめ製作し、建築現場で組み立てるプレハブ工法です。 スウェーデンハウス、ミサワホーム、ヤマダ・エスバイエル
コンクリート系 コンクリート系プレハブ工法出典:大成建設ハウジング 鉄筋コンクリートのパネルを工場であらかじめ製作し、建築現場で組み立てるプレハブ工法です。 大成建設ハウジング、レコハウス
ユニット系 ユニット系プレハブ工法出典:トヨタホーム 箱型のユニットを工場であらかじめ製作し、建築現場で組み立てるプレハブ工法です。 セキスイハイム、トヨタホーム

プレハブ工法の種類別のメリット・デメリット

プレハブ工法の種類別のメリットとデメリットについてまとめてみます。

 

ここに記載したメリットやデメリットや、それぞれの工法のおもな内容をまとめていますので、実際は、それぞれのハウスメーカーの家の工法や構造の詳細をご覧ください。

 

デメリットとして記載していることも、ハウスメーカーの商品によっては、改善がされており、デメリットとはなっていない場合もあります。

 

プレハブ工法 メリット デメリット
軽量鉄骨系
  • 柱や梁などを木材に代わって、鉄骨を使っているので強固な構造となり耐震性は非常に高い。
  • 構造材が鉄骨のため、害虫被害にあう心配がない。
  • パネルは不燃物を使用しているため、耐火性も高い。軽量鉄骨は、木材よりも軽いため、家全体にかかる負担が少なくなる。
  • 木造軸組工法(在来工法)に比べて建築工期が短い。
  • 部品や部材が規格化されている。
  • 間取りプランに制約を受ける場合があり自由度に欠ける。
  • 商品が決まっている場合が多く、個性的な家にすることが難しい。
  • 鉄骨にサビが生じると強度が落ちる。
  • 木造軸組工法に比べて割高。
木質系
  • 木質パネルを工場で一貫生産するため、精度が高く品質にバラツキが少ないので安心。
  • 耐震性・耐火性・耐風性に優れている。
  • 断熱性・機密性が高い。
  • 工期が比較的短い。
  • 木質パネルは工場で作られるので、デザインの自由度が低い。
  • 間取りプランも制約される部分が多く自由度が低い。
  • パネルの運送ができない場所では建築が困難になる。
  • 増築改築などのリフォームに対応しにくい。
コンクリート系
  • 耐震性と耐火性、耐風性に加え、耐久性にも優れている。
  • 遮音性が高いので、騒音に問題のある土地に有利になる。
  • 現場で型枠をつくりコンクリートを流し込む現場打ちコンクリートに比べ、品質が安定している。
  • 家自体の重量が重くなるため、強固な地盤が必要になる。
  • 間取りプランに制限が多く、自由度は低い。
  • 増築改築などのリフォームに対応しにくい。
  • 他のプレハブ工法に比べて、建築工期は長い。
ユニット系
  • 住宅建築の70%〜80%を工場で完成させるため、精度は高く品質も安定している。
  • 箱を組み立てていくだけなので、あっという間に家が完成する。
  • 耐震性と耐火性、耐風性に優れている。
  • 外観デザイン、間取りプラン共に制約が多く自由度は低い。
  • 大型トラックが入ることができ、クレーン車が自由に動ける場所が必要となる。
  • ほとんどが工場生産なので、発注後に途中変更や見直しはできない。
  • 増築改築などのリフォームに対応しにくい。

注文住宅会社に相見積を依頼すれば500万円以上お得になることも!

家の工法【プレハブ工法】|関連ページ

家の工法【木造軸組工法(在来工法)】
家の工法【木造軸組工法(在来工法)】について説明します。木造軸組工法(在来工法)の流れ、木造軸組工法(在来工法)のメリット・デメリットを説明します。
家の工法【2×4工法(ツーバイフォー工法)】
家の工法【2×4工法(ツーバイフォー工法)】について説明します。2×4工法(ツーバイフォー工法)の流れ、2×4工法(ツーバイフォー工法)のメリット・デメリットを説明します。