自分が理想とする良い家を建てる

注文住宅の新築一戸建てで得する方法

あなたは、注文住宅の新築一戸建ての家づくりで、
500万円の損をしたくはありませんよね?

私はこの方法を使って520万円得しました!

注文住宅の新築一戸建てで得する方法はこちら >

家を建てるならしっかりとした知識と計画を!

注文住宅で理想の家づくり

家を建てると決心した。
でも、はじめての家づくりでどうしていいのかよくわからない。

 

これは、はじめての家づくりをする人の誰もが思うことでしょう。

 

よく、家を建てる(マイホームを持つ)ことは、「人生で最も大きな買い物をすること」だといわれます。

 

マイホームを持つほとんどの人が、自分の家を建てるために住宅ローンでお金を借りて、その家に住んでいる期間の大半がローンの返済期間となります。

 

住宅ローンの返済は大変ですが、自分の家を建てることはそれ以上に価値のあることですから、多くの人がマイホームを持つことを夢みるのです。

 

自分の理想とする家を建てて、家族みんなと幸せな暮らしをしたい。
そして、老後も安心して生活がしたい。

 

そんな願いや希望を叶えてくれるのが、マイホームです。

 

このホームページを見ていただいているあなたは、建売住宅やマンションを購入するのではなく、「自分の家を建てる」、もしくは「自分の家を建てたい」と思っている方でしょう。

 

自分の家を建てるということは、「理想とする家」、「こだわりの家」、「個性ある家」のように、自分の希望を叶える家にできます。

 

そのためには、

  • しっかりとした注文住宅会社(ハウスメーカーや工務店)を選ぶ
  • 業者と何度も打ち合わせをして間取りプランを練る
  • お金のやりくりを考えて資金計画を立てる

などなど、やらなければならないことがたくさんあります。

 

さらに、人によっては、土地探しから始める方もおられるでしょう。

 

自分の家を建てるということは、多大な時間や手間がかかり、また、身につけなければならない知識もいっぱいです。

 

実際に家づくりをはじめると、想像以上の大変さから、途中でやめたくなってしまう人もいます。

 

そんなことになってしまっては、理想の家づくりを失敗させてしまいかねません。

 

でも、大丈夫です。ご安心ください。

大変な家づくりを楽しくするノウハウをお届けします

はじめての家づくりで、大変に感じる原因は、

 

何からはじめればいいのか?
そして、その先、何をしていけばいいのか?

 

ということをよく理解しないで、とりあえずはじめてしまうことです。

 

家づくりの知識をあまり持たないままスタートしてしまうと、途中で行き詰ったり、前に戻ったりの繰り返しで、その結果、ヘトヘトに疲れてしまいます。

 

しかし、家づくりに必要な基礎知識や、失敗しない家を建てるための秘訣やコツをはじめに理解してからスタートすると、満足ができる家を建てるというゴール
ちゃんとたどり着くことができます。

 

また、これらの情報を持つことで、大変に思える家づくりをとても楽しく進めることができます。

 

当サイトでは、はじめての家づくりで何からはじめればいいのか、そして、家づくりの基礎知識から、失敗しない家を建てるための秘訣やコツをあますことなくお届けしていきます。

 

楽しい家づくりを家族みんなで出来ることは、家を建てることができる人にとっての、この上ない幸福感と家づくりの醍醐味を味わうことができる特権です。

 

どうぞ、あなたもその特権をいかし、自分の家を建てることの幸福感と醍醐味をたっぷりとお楽しみください!

注文住宅で家を建てるときのおおまかな流れ

自分で家を建てるということは、注文住宅建築会社(ハウスメーカーや工務店など)に、一戸建て建築工事を依頼することになります。

 

ここでは、注文住宅で新築一戸建ての家を建てると決めてから、実際に入居するまでの、おおまかな流れを順に説明します。

 

期間の目安も記載してありますが、この期間については、それぞれの人によってまったく違ってきますので、あくまでも、参考程度にしてください。

 

ここで紹介する家づくりの流れは、全体のイメージをつかんでいただくために、細かい部分は省略していますことをご承知おきください。

 

成功する家づくりのポイントのひとつに、「急がず慌てず、じっくりと計画的に取組むこと」があります。

 

まずは、家づくりのおおまかな流れをつかんでいただき、今後の計画を練りましょう。

 

家の条件を家族で話し合う:スタート

 

家を建てる理由は、それぞれの家庭によって様々でしょう。

  • 自分たちが理想とするマイホームにしたい。
  • 住居を今住んでいる場所から、別の場所に移動する。
  • 家を建て替える。
  • マンションから一戸建てに住み替える。

 

まずは、どんな家で生活し暮らしていきたいのかをよく考えましょう。
また、家を建てるための条件も整理しておきましょう。

 

世帯数(一世帯か二世帯か)や、土地の有無、用意できる自己資金や、家を建てるための予算など、現在の状況と予想できる限りの将来設計まで含めた条件を家族で出し合いまとめてみましょう。

 

そして、その条件をもとに、あなたや家族の希望も出し合っておくといいでしょう。

 

土地を探す(購入する):期間の目安2ヶ月〜6ヶ月以上

 

家を建てるための土地を所有していない場合は、土地を探す必要があります。

 

これから先、長い間住む場所になるので、土地探しは、大変に重要ですから、くれぐれも慎重に行いましょう。

 

・・・ということくらい、「今更言われなくても分かっている」と思う方もおられるでしょうが、それでも、土地選びに失敗して後悔する人は後を絶ちません。

 

土地選びの失敗は、家本体の失敗よりも、ダメージが大きいので、十分すぎるほど慎重にしたいことです。

 

設計業者を探して決める:期間の目安約3ヶ月〜6ヶ月以上

 

注文住宅で家を建てる方法としては、次の3つのパターンが一般的です。

  1. 設計業者に設計を依頼して工務店に建築を依頼する。
  2. 設計と建築を工務店に依頼する。
  3. 設計と建築をハウスメーカーに依頼する。

 

もし、1つめのパターンの設計業者に設計を依頼する場合は、このタイミングで設計を依頼します。

 

建築施工業者を探し決める:期間の目安約2ヶ月〜4ヶ月以上

 

理想とする家を建てるためには、最も重要な項目です。

 

家のデザイン、構造や工法、間取りなどから、複数の建築施工業者の見積りを取り、建築費用と予算をしっかりと比較して検討します。

 

家を建てるときの、一番の悩みどころになるかもしれません。
しかし、時間をかけて検討すれば、あなたの理想とする家づくりを叶えてくれる会社がきっと見つかるはずです。

 

家の間取りや設備、設計全般について打ち合わせを重ねる:約2ヶ月〜6ヶ月以上

 

建築施工業者と念入りな打ち合わせをします。

 

とくに間取りと設備については、納得がいくまで何度も話し合いをする必要があります。
そのとき、家族の意見もしっかりと聞くことがポイントです。
また、予算を大きくオーバーしないように注意しましょう。

 

住宅ローンの申し込みをする:約1ヶ月〜2ヶ月以上

 

設計が決まり、いよいよ家の建築施工をはじめるだけの段階になったら住宅ローンの申し込みを行います。

 

建築施工業者と契約をする

 

選んだ建築施工業者と「建築工事請負契約」を結びます。

 

工事請負契約書には、非常に細かいことが書いてあり、家を建てることがはじめての人(ほとんどの方がはじめてでしょう)にとっては、難しいと感じることもあるかもしれませんが、内容は重要なことが書いてあるので、しっかりと読みましょう。

 

そして、分からないことは、施工業者になんでも聞きましょう。
こちらは、経験のない素人なのですから、分からないことがあるのが普通です。
疑問点は恥ずかしがらずに、どんなことでも質問しましょう。

 

着工から完成まで:約3ヶ月〜6ヶ月以上

 

着工後は、ときどき現場に足を運んで進行具合をチェックしましょう。
お茶やお菓子の差し入れや、大工さんと話をすることはいいことです。

 

ただし、仕事のじゃまにならないようにすることを心がけましょう。
また、建築中の家のことで注文したいことや、気になることなどがあった場合、作業をされている人に言うのではなく、施工業者の方に話をしましょう。

 

完成・引渡し

 

家が完成したら、設計依頼通りにできているか、不具合がないかなどのチェックを行います。
もし、不備なことがあれば、修理工事や追加工事をします。
そして、最終チェックで問題がなければ、新築一戸建て住宅の引渡しとなります。

 

入居する

 

家の正式な鍵(それまでは工事関係者用の鍵)を渡され、いよいよ、自分が建てた家の暮らしが始まります!

注文住宅会社に相見積を依頼すれば500万円以上お得になることも!

更新履歴